ホーム / マンコ / 人妻風俗嬢はヴァギナに侵入

人妻風俗嬢はヴァギナに侵入

射精への欲求と自動的に結びつけて女性

バスタオルが乱れて、いろんなところが見えているのに気がつき、あらためて巻き直したけど、大きく脚を広げてオナニーを見せた相手に今さら、という思いもした。だからって、なんの恥じらいもない女って、男にとっては一番魅力がないって聞いたことがある。そりゃそうだと思う。
私がうつ伏せなると、彼はバスタオルをゆっくりとはずし始めた。全部はぎ取るのではなく、腰から下にかけてくれる。私はクッションを二つたぐり寄せて、顔の下に敷いた。クッションを抱きかかえるようにしていると安心する。マサルさんは私の左側に座り、まず背中全体を撫で始めた。マッサージというより、まだ撫でているだけという感じだった。そして肩のあたりに両手を持ってくると、ああ、気持ちいい筋肉をつまんで普通に肩採みを始めた。
少しセクシーな響きを込めたつもりだったけど、マサルさんは何も感じていないみたい。普通に肩を採んでいる。別に特殊なマッサージを知っているわけでもないんだ。彼は淡々と、肩から背中、慶のあたりまで普通にマッサージしてくれている。
「気持ちいいかい、ユキ。本当に肩凝ってるね」確かに普通以上に気持ちいい。マッサージ上手だと思う。でもなにか物足りない。
気持ちいいわと返してみたものの、普通以上に気持ちいい、だけ…。肩から背中、背中から腰、お尻の少し上くらいまで、ひととおり終わった。確かに肩が軽くなった。
「マサルさん、マッサージ上手ね」と、ちょっとなりきってみた。
「そうだろ、ユキ、でもこれからだよ」
そういうと、彼がベッドから降りる音がした。さっきの大きなバッグをゴソゴソして、何か取り出す気配がする。マットレスがヘこむのが彼がまた私のそばに来た。分かって、紙のような容器のフタを開ける音がする。あらわになっている私の背中を、羽毛のような、刷毛のような、柔らかいものでなでている感触を感じた。匂いでベビーパウダーだと分かる。お風呂上りだからベビーバウダーなの…。サヤカにもベビーバウダーを使っているけど、私が使われるのは初めてというか。彼は私がいぶかしんでいる事などお構いなしのように、背中にまんべんなくベビーパウダーをはたいてくれたみたい。そして、パウダーをなじませるように、私の背中を撫でていく。それは本当に普通に撫でているだけ、粉をなじませているというだけ。
でも…。彼の手の動きが変わった。触れているのかいないのか分からないくらい。かすかに触れながら円を描くように手を動かしている。背中の感触で両手をまんべんなく動かしているのが感じられる。かすかに触れながら、円を描きながら、私の背中を撫で続けている。本当にゆっくり、ビクッとする箇所があった。彼の指がそこに行くと、電気が走ったように反応する。ときどき、そこを見つけると、彼の指は何度もそこに戻ってきた。今度は私がそこをさわってもらうのを待つようになる。
そしてさわられるたびに反応してしまう。背骨より少し右側で肩甲骨の下あたり、左側は脇腹にかかるあたりに一箇所、腰からお尻にかかる所にもある。
そこばかりをなでるのではなく、全体をマッサージするのも忘れていない。そして決して急がない。とても落ち着いて愛撫してくれる。その間に、徐々に高まってくる私の体。体全体も、あそこも熱くなってきた気がする。
五本の指を大きく広げて、私の背中全体を撫でるとき、私の背中が大きく波打ってしまう。左の脇腹あたりを撫でてくれるときにも、体全体で反応してしまう。指の間隔をせばめて、バスタオルがかかっているお尻のあたりに指が行くと、はやくはぎとってほしいと期待している自分がいる。ああ…じらされているいら立ちで、思わず声が徐々に高まる興奮と、もれる。
それでもマサルさんの手は落ち着いている。背中を上から下まで愛撫し、両方の脇腹もなでてくれた後で、また肩へ戻る。そして二の腕の後ろから指先までを、触れるか触れないかの微妙なタッチで愛撫無してくれる。やっと次に行くみたい。マサルさんは、私のお尻から脚にかけてあったバスタオルを、背中に移してくれた。お尻があらわになったことで、多少の恥ずかしさがあったが、性感帯への期待の方が大きい。マサルさんはまたベビーパウダーをはたいてくれ、まんべんなく伸ばしてくれる。背中よりたくさんの性感帯がある気がした。十本の指がお尻を包み込むたびに、体全体で反応してしまう。割れ目のあたりにも感じるとにろがお尻はとても感じた。ある。

エッチに関することは風俗嬢から話題にすることはないフェラチオ前

ユキ、感じるかい…お尻から脚に指を這わせながらマサルさんが聞く。
「感じるわ、マサルさん…。あっ」そう言いながらも、時折ビクッとしてしまう。
太ももの内側も感じる。ひざの裏は違った快感が走る。ふくらはぎから足首にかけても性感帯がいくつもあった。自分自身の体が、こんなに敏感だったなんて、自分でも知らなかった。マサルさんに開発されて、どんどん敏感な体になっているんだ。私もマサルさんも知らないところがまだまだある。もっと感じたい。もっともっと感じてみたい。ベビーパウダーを塗ることで、手のすべりが良くなり、触れるか触れないかの微妙な感覚が強くなるみたい。
こんなのはもちろん初めてだった。それにしても優しい。本当に優しく愛撫してくれる。
そう、マサルさんが。もうかなり安心している。きっと私が嫌がることは本当にしないんだろう。今マッサージをされていても、すごく興奮しているが恐い感じがない。そうしている間にも、マサルさんの手はゆっくりと私の体の上をすべって行く。
本当にゆっくりと。普通、男の人はこんなに気長にできないだろう。今までの彼を思い出してもそう。こんなに辛抱強く私をいい気持ちにさせてくれる人などいなかった。もちろんマサルさんも…。いや、今マサルさんはこんなに私を…。足の裏はまた違う快感がある。マサルさんの手が、足の裏を包み込むようにして愛撫してくれると、時々、頭の先まで電流が走るような快感が突き抜ける。こんなに足の裏が敏感だったなんて本当に知らなかった。
くすぐったいようなイメージがあるが、彼の手はとても優しく巧みで、一気に快感がその度に、背中が軽くのけぞる感じになるほど。走る。ユキ、今度は仰向けになってじゃあ、マサルさんに言われるままに寝返りを打つ。その前に彼がバスタオルをそっとはぎとって、また上半身にかけてくれた。今度は足先からベビーパウダーを塗り始める。最後にどこに行き着くのか考えると、ドキドキしてきた。あそこもバスタオルで隠れているので、太ももから足先まで、ベビーパウダーを伸ばしてくれた。初めはなじませるように、比較的手を早く動かしていくが、だんだんゆっくりと這わせるようになると、快感も大きくなってくる。足の甲など、もしかしたら今まで誰にもさわってもらったことがないかもしれない。でもそこがすごく感じる。そんなところをマッサージされたこともない。

風俗で働く女性の中に結構います

  • 風俗で働いているとき
  • ペニスに突かれてどんどん熱くなる
  • 舐めて強くと変化をつけて噛み続けますヒップへの愛撫


デリヘル嬢を落とす会話術


盗撮事件大田区の自宅で露骨にカメラではなく

今経験している、触れるか触れないかの微妙な愛撫などされたこともない。足の甲の快感が、足を伝わって胸のあたりまで上りつめてくる。上半身すべてに鳥肌が立つくらいの快感がある。あそこも我慢できないくらいに熱い。早くマサルさんを受け入れたい。それくらい濡れている。早く来て欲しい。ずっとじらされながら、全身を快感にゆだねている。ああ、気持ちいい脚を伝わる快感に、思わず声が出る。
時々ビクッと感じるたびに、ひざが持ち上がる。マサルさんはずっとペースを変えることなく、ゆっくり円を描きながら、私が上っていくのを見つめているようだ。太ももに差しかかる頃には、絶え間なくあえぎ声をもらしていた。
ああ…マサルさんが内側に手を這わせると、思わずのけぞってしまい、気持ちいいかい、ユキあえいでしまう。やさしく包んでくれるマサルさんの言葉に、全身をゆだねている私。気持ちいいわ私の脚を持ち上げるでもなく、でも徐々に開かせているのが分かる。
足元にいるマサルさんが、だんだん脚の間に入ってきている気がする。もう、私のあそこがマサルさんに見えているに違いない。顔を近づけて見られていたらどうしよう。濡れて熱くなっているのが分かるかもしれない。そう考えると、ますます熱くなってくる。さっき自分の指でいってしまった行為を、また繰り返したくなる。マサルさんが、私のひざを立てる。左脚から、そして右足も。さっきのように、あそこがマサルさんに丸見えなんだ。
またオナニーを見られるんだろうか。それでもいいから、この熱く濡れたところをなんとかしたい。もう我慢できない。私は脚を開いた状態で膝を立てている。あそこは濡れて、マサルさんはその間に座っている感じがする。さっき見せたように、あそこが丸見えの状態で横たわっている。熱い。マサルさんの膝が、私のお尻から太もものあたりに触れた。もうそんなに近くにいるんだ。きっとマサルさんのペニスも、すぐそこにある。マサルさんの両手が、膝から太ももの内側をたどり、あそこに向かってゆっくり下りてくる。バスルームでさわってくれたように、広げてさわって。あと少しで私の一番敏感なところへ。と、間近にまで来た指がまた膝の方へと上がっていく。じらされている。こんなに濡れているのに。こんなにさわってほしいのに。また太ももを指が這ってくる。あそこに向かって十本の指が押し寄せる。今度はさわってくれる。そう思うとまた遠ざかる。思わずマサルさんに向かって、腰を突き出す。でもまだ…。今度は両手で私の右脚を愛撫し始めた。


千葉ソープ

セックスを存分に楽

足首からひざ、太ももまで、全部の指で包み込むように、でも快感の波を立てながら、私の丸見えのあそこに迫ってくる。かすかに触れる程度に、また遠ざかる。
今度は左脚を包み込む。あそこのすぐ近くまで快感の波が迫ってくるのに、一番濡れている、一番熱い私にはさわってくれない。我慢できない。ああ…声がもれる。マサルさんねだるように名前を呼ぶ。でも彼は脚の愛撫を続ける。そして、私の脚を伸ばして、ひざを下ろしてしまった。落胆。そしてバスタオルを下半身にかける。あそこが燃えそうだというのに、バスタオルで覆ってしまう。でも乳房があらわになったことに気がついて、また興奮してきた。マサルさんが私の胸を見ている。今度は胸を愛撫してくれるんだ。そう思った瞬間、ベビーパウダーが上半身に塗られていくのが分かった。首にも、鎖骨のあたりにも、胸にも、お腹にも、腕にも。ゆっくりと伸ばしてくれる。ていねいに、そして十本の指がまた、快感の波を立て続ける。こんなにじらされて、こんなに興奮して、こんなに濡れている。指が動くたびに、体をくねらせてしまうほどの快感がお腹から胸の近くまで上がってくる指。
脇腹を愛撫される時にのけぞる胸。突き抜ける。胸をさわるときは、一番微妙なタッチになっている。さわっているのかいないのか分からないほどの微妙なタッチ。ゆっくりと乳房の周りをまわる五本の指。ベビーパウダーでさらさらした感覚が、よけいに快感を際立たせる。乳首をさわるときも、あくまで軽く、微妙に指をすべらせている。もっときつく、指で転がして欲しい。舌で転がして欲しい。いや吸って欲しい。
噛んでもいい。もっと強い刺激で、もてあそんでほしい。でも愛撫の微妙さは変わらない。何度も何度も指が乳房を丸くすべベり、乳首を軽くさわっている。早くもならない。普通の男なら我慢できないだろう。早いビストン運動で、すぐにいってしまって終わり。でも今マサルさんは、快感をとんでもなく長引かせてくれる。
それでじらされてもいる。もう私は、身をよじらせて欲しがっているのに。ああ…あえぎ声が止まらない。気持ちいい感覚が素直に口をついて出てしまう。
「ユキが感じているところ、ものすごくきれいだよ」低い声でマサルさんがささやく。
「ああ、マサルさん、ねえ…」我慢できない気持ちを表そうとしたが、あえぎ声が出るばかりで、これが精いっぱい。マサルさんの指が、首にからみつく。耳のあたりまで上がってくる。思わず頭をのけぞらせてしまう。そこから指がまた乳房を愛撫しに下りて行く。何度も何度も、上半身を指がすべっていく。そのたびに体をくねらせてしまう。あああ…、もう…腰をくねらせる。
マサルさんは、私の下半身のバスタオルをゆっくりとはずした。そっと脚を開かせ、間に入るのが分かった。沈黙。じっとあそこを見られている感覚がある。見て。もっと見て。
広げてみせてあげてもいい。マサルさんは、私の太ももに手を当てると、押し広げた。さっきのやさしさとは打って変わって、力強く。私はこれ以上広がらないほど、脚を開いている。熱く濡れたあそこが丸見え。快感の波が続いている。せてしまう。思わず腰をくねらマサルさん…見られているだけで感じる。早く…。ユキ、きれいだ私のあそこのことを言ってる…。私のあそこをきれいだと言ってくれている…。ああああ!思わず叫んでしまった。マサルさんが私のあそこに、いきなりむしゃぶりついてきたから。舌でクリトリスを紙める。唇でヴァギナを包み込み、舌を動かして、入りロを広げていく。ああ、マサル腰を持ち上げ、少しでもマサルさんの舌を、奥に迎え入れようとする。


射精した自分のペニス

セックスをしていて

マサル、感じる彼の激しいクンニリングスで、快感が頭に突き上げてくる。あえぎ声が絶えずもれ、首を激しく左右に振るほど感じている。そう、こうして欲しかったの。激しくして欲しかった。もっと激しくして。マサルさんの舌が、むき出しになった私のクリトリスを転がしている。舌で転がした後きつく吸ってくる。吸われると思わず、腰を突き出してしまう。私、大きな声を出している。ああ、あああ…マサルさんに愛撫されながら、ものすごく感じている。また上りつめてくる。
いきそうになっている。足に力がつま先がまっすぐに伸びる。足の指が内側に曲がる。入る。もういってしまいそう。いってしまいたい。突然、マサルさんが唇を離した。まだ吸って欲しい私は、腰を突き出す。いきそうになっていたのに。いかせて欲しかったのに。ユキのあそこ、おいしいそういうと、指で私を押し広げる。
「こんなに奥まで見えるよ、ユキ」
奥まで見て。そう、見て欲しい。そして、指でクリトリスを愛撫し始めた。
クンニのときとは違って、さっきまでのようにやさしく、ゆっくりと。もう私のあそこはびしょびしょに濡れているはず。私の愛液と、マサルさんの唾液で、ものすごく濡れている。ああ…指でいじられながら、あえぎ声は続く。すると彼の指が、ヴァギナの中に入ってきた。入り口のところで円を描くようにしながら、指が入りやすくしているのか、じらしているのか。そして、少しずつ、円を描きながら、奥に入ってくる。摩壁をやさしくなでながら、指を深く入れてくる。指を入れられるのには慣れていなかったが、応じるしるしに、感じる…と、マサルさんに告げる。
「ユキの中、とても暖かい」
ゆっくりと指で私をいじりながら、とても濡れている深く入れて、浅く入れて、とっても柔らかいよいろんな方向に曲げながら…。マサルさんの指が、上に向かって曲がっていく。手のひらを上にして曲げているんだろう。摩壁の上の部分、クリトリスの裏あたりにたどりついたみたい。
すると、マサルさんの指が摩壁を圧迫もっと曲がり、する。そのとき、電流がああっ走るような快感。また大きな声を出してしまう。私の中に指を入れたまま、指の腹で摩壁を押さえたり離したりし始めた。雑誌で読んで知っていたけど、ここがGスポットなんだ。多分マサルさんは、正確に場所を知っている。
そう、そこ…指の動きが続いている。Gスポットを押さえられるたびに、大きな声が出る。快感が頭に突き抜ける。彼の指の動きがリズミカルになってきた。私も彼に合わせるように、Gスポットを圧迫されるタイミングで声を出し、腰をくねらせる。
このままいってしまいたい。マサル、そう、いいこのリズムでして。マサルさんが同じリズムでGスポットを圧迫する。そしてもう一方の手で、包皮を持ち上げたクリトリスをもてあそんでいる。二重の快感に突き上げられ、すぐにいってしまいそう。そう、いきそう。マサルさんの指でいきそう。ああ、マサルユキいく…いいよ、ユキマサルああ、いいよマサル、いくう…いく…、あああ…腰がひとりでに持ち上がる。

股間から下りた彼女


私の持っ彼女は今

足の筋肉が指先まで突っ張る。頭がのけぞる。マサルうう……叫び声を上げるように、いってしまった。
オーガズム-3-マサルさんの指で。マサルさんにGスポットをいじられて。マサルさんに全部見せながら。いってしまった。全身の力が抜けた。
頭が真っ白になった。あそこが薄れる感覚、胸の奥から広がる脱力感。もう何も考えられない。どこにいるのかさえ分からない。ほんの少し感じようとしたが、それさえどこかに飛んでしまう。マサルさんといるんだ、と、またいってしまったんだ。マサルさんの舌と指だけでいってしまった。マサル遠くにいるマサルさんを呼んだのか、本当に近くにマサルさんを感じたからか、よく分からないけど、私はマサルさんのものだと思った。ユキその声がどこから聞こえたのか分からない。でもマサルさんが私を呼んでいた。それだけでよかった。また意識がぼんやりしてきた。マサルさんが笑っている気がする。マサルさんが私の上にのしかかって、私を奪ってしまおうとする。私は押さえつけられて身動きできない。マサルさんの強い腕に組み敷かれて、押さえつけられた手首は、どんなに力を入れても動かせない。そんなに力が強かったの、マサルさん…。マサルさんの両手が私の両手首を力いっぱいベッドに押しつけている。マサルさんのペニスが、顔に近づいてくる。
力強くいきり立ったペニスが、私の口に突っ込まれる。
私はマサルさんを口いっぱいに感じながら…目が覚めると、さっきと同じべッドにいた。シーツにくるまっている。また意識をなくしてしまったみたい。またいったんだ。またいかされたんだ。アイマスクのままだったので、映像の記憶として見ることができない。
その代わり、体の感覚として鮮明によみがえってくる。お腹のあたりがビクンと波打つ。いった時の感覚が、感覚そのものとしてよみがえった。アイマスクってすごい。素直にそう思った。これをマサルさんと一緒に使ったら…。彼は嫌がるだろうか。嫌がるんだろうなあ。あまりにも淡々とした彼とのセックス。セックスレスになる前でも、もう少しなんとかならない…、と思ったことがある。アダルトビデオを見たことがない男などいないと思う。それでかなり過激なセックスを見た経験だってあるだろう。まあ、AVのプレイをそのまま持ち込まれると困るのはあるけど、ひとつの刺激として取り入れられる部分もあったりするんじゃ…。私もアダルトビデオは見たことがある。女性である私にとってはまったく面白くなかった。

著者について: